ホーム>不妊治療の基本>ARTにおける精子選別と精子品質管理の重要性
不妊治療の基本

ARTにおける精子選別と精子品質管理の重要性

ARTにおける精子選別と精子品質管理の重要性

「ARTは自然の摂理に逆らう」側面をもつを医療行為ですから、当然リスクを伴います。
だからこそ「ARTにおいて精子の選別と質の評価は避けて通れない問題」なのです。

   「顕微授精の治療回数を重ねればいつかは妊娠する」といった思い込みが一人歩きしてしまうと、不妊治療を機械的な命の製造手段のように錯覚してしまいま す。実際のところ、当院に受診されたご夫婦の多くが、すでに10回以上の顕微授精を経験され、こうした錯覚に陥っておられました。

  「自然の摂理」という言葉がありますが、子どもが誕生するという現象も自然の摂理です。一方、ARTは配偶子 (卵子・精子) の形成・受精・初期発生を補助 して命を誕生させる医療技術 (医学的な介入) であり、「ARTは自然の摂理に逆らう」側面がありますので、当然リスクを伴います。

  リスクの程度は、患者夫婦の背景や治療内容などにより大きく異なり、一律同じではありません。だからこそ、私たち不妊治療に携わる医師が念頭に置くべきことは、「治療の安全性を 最優先にして、その上でいかに妊娠率を上げるか、さらに流産率を下げるか、そして健康な赤ちゃんが生まれるか」に尽きます。

 「不妊治療で妊娠すれば当然健康な赤ちゃんが授かる」とお考えのご夫婦がほとんどですが、ARTに伴うリスクも知った上で、治療技術の選択をしていただきたいと思います。

 

ヒト精子の特性

精子機能異常の種類と頻度は個人差が大きく

同一精液内においても
細胞間差が非常に大きい

 

 

ARTの対象になるヒト造精機能障害

すなわち精巣の機能低下は

精子生産量 (精子数) の減少のみならず
多様な精子機能異常を伴う

 

  ヒト精子の場合、精液に含まれる精子の濃度 (精子数) 、運動している精子の割合 (運動率) は個人差が大きく、また同一人でも射精のたびに変動するという特性があります。一般的に、精子など泳いでいればどれでも同じとする考え方が広く定着していますが、私は長年の研究により、精子形成障害 (造精機能障害) 、す なわち精巣で精子をうまく造れないという状態は、単に精子産生量 (精子数) の減少のみならず、精子の質 (精子機能) に多様な異常をも伴うことを明らかにし ました。

 ですから、当院ホームページでは「どのような性質 (機能) を持った精子を受精に供すれば、ARTの安全性向上に寄与できるか」 を 具体的に解説しています。このように申し上げますと、「命の選択をするのか」という疑問を呈する方もおられますが、「黒田メソッドによる精子の質の選別と評価」は、「自然に性交で膣内に射精された精液中の精子が 卵管内の卵子まで遡上して到達するまでの間に 精子の質の選別が自然に行われていることを再現すること」ですから、全く優劣を人為的につけている訳ではないのです。言い換えれば、「自然界の受精のメカニズムに近づけている技術開発が黒田メソッド」なのです。

 

ページ上部へ