ホーム>ARTの注意点>ARTとゲノムインプリンティング異常との関連性
ARTの注意点

ARTとゲノムインプリンティング異常との関連性

ARTとゲノムインプリンティング異常との関連性

ARTとゲノムインプリンティング異常との関連性について説明を受けたことがありますか?

 ここ10年間で欧米では、「顕微授精児の先天異常率が自然妊娠に比べて有意に高い」ことを述べた論文が多数報告されています。日本では そのリスクに関する認知度が低い状況が続いていますが、2011年に厚労省研究班によるART出生児に関する大規模調査の結果、「顕微授精・胚盤胞培養 (長期体外培養) ・胚盤胞凍結保存の人工操作を加えるほど出生時体重が増加する」ことが報告され、徐々にARTに伴うリスクに目が向けられてきています (下部両図参照) 。

 このART児過剰発育の原因は、「ゲノムインプリンティング異常 (遺伝子の働きを調節する仕組みに異常が出る病態) 」である可能性が指摘されています。先天異常を専門とする医師や研究者らも度々に顕微授精や胚盤胞培養のリスクを危惧する研究成果を報告していますが、この極めて重要な問題点に対する認知度が決して高くならないまま今日に至っているのが日本の現況です。

ART出生児に関する大規模調査
出生時体重が増加

ページ上部へ