ホーム>院長紹介

院長紹介

医学博士 黒田優佳子院長のポリシー

黒田院長

 私は産婦人科医師になり、31年になりました。出身校の慶應義塾大学医学部の産婦人科は、昭和20年代から不妊治療、とくに人工授精に取り組んできました。私が卒業する頃に、体外受精・胚移植が日本に導入され、不妊治療という領域から生殖医学、さらには生殖補助医療 ( Assisted Reproductive Technology : 以下ART  ➡ 詳細はARTについて) という概念が確立し、不妊治療に新しい時代が来ました。当時から、婦人科における生殖の研究は、当然のことですが 女性側 (卵子) にばかりに目が向けられており、男性側 (精子) には全くといってもいいほど関心が持たれていませんでした。それから30年以上経った今でさえも その状況は変わっておりません。

 そのような背景の中、私は慶大医学部の産婦人科大学院で「精子」を専攻し、その後 東京大学医科学研究所においても やはり「精子」を研究しました。精子研究の領域では、マウスやウシの精子を用いた生理学的研究が主流ですが、私は婦人科医として研究成果を不妊で苦しむ患者ご夫婦のもとに臨床応用できることを見据えて、あえてヒトの精子を対象とする「臨床精子学」の研究を志しました。言い換えれば、男性側に原因がある不妊 (男性不妊) を治療するためには、ヒト精子に関する研究、さらには ヒト精子の取り扱い技術の向上が不可欠であることに気がついた故に「臨床精子学」の研究を専攻したのです。

 今日に至るまで、一貫してヒト精子に色々な不思議を感じて研究を推し進めてまいりましたが、研究を始めた若いころは 折に触れて「女性なのに精子の研究?」と言われ、正直悲しく感じた時もありました。しかし、30年以上経った今では「黒田先生は数少ない希なる精子専門の婦人科医だから、悩んでおられる男性のためにも精子の研究を続けて頑張って欲しい!」と熱いお言葉をいただけるまでになり、これが、私の日々の原動力に繋がっています。

覚悟の瞬間 黒田インターナショナルメディカルリプロダクション 黒田優佳子

プロフィール

1987年

慶應義塾大学医学部卒業。95年、同医学部産婦人科学教室大学院卒業。

ヒト先体反応精子の精製法および定量的評価法を確立し、学位 (医学博士) を取得。その後2年間、東京大学医科学研究所化学研究部研究員として、ヒト精子先体反応に伴う カルシウムイオン細胞内情報伝達機構 (ヒト精子受精機構) の研究に従事。97年、女性医師として初めて慶應義塾大学医学部産婦人科学教室医長に就任し、不妊治療を中心とした診療・研究・教育にあたる。

2000年 自身の基礎研究に基づき、最先端の知識と技術を駆使した不妊治療を実現するため、黒田クリニック ・ リプロダクション リサーチ センターを設立。
2003年 精子機能解析を目的とした精子精密検査部門を拡張し、黒田インターナショナル メディカル リプロダクションと改称。
現在

生殖補助医療 (ART) で生まれてくる子どもたちの健常性向上を目指して 「高品質な精子精製法 および 精製精子の機能評価法の標準化」 とともに 「次世代ARTとして、Post ICSI - 人工卵管法による顕微授精回避法」を提唱し、日々の診療と講演活動に力を注いでいる。

講演・学会紹介

2015.3.11. 第27回 健康医療ネットワークセミナー

  東京大学医科学研究所 2号館2階 大講義室 18時30分~20時30分
 

  講演タイトル:生殖補助医療で出生する児の健常性向上を目指して-特に男性不妊 (精子) の観点から問題点を検証する-

 

2015.7.9.  東京麹町 ロータリークラブ 「卓話」

  ホテル ニューオータニ 東京 「舞の間」 13時~13時30分

 講演タイトル:現状の不妊治療の問題点と改善案の提唱 - 次世代の不妊治療はどうあるべきか-

 

2015.11.27. 第33回 日本受精着床学会

 発表タイトル:顕微授精不成功例を対象とした人工卵管 (卵管型微小環境媒精法) を用いる高効率媒精法と

                     本法による妊娠・出産・流産例の検討

 

2015.12.1. 招待講演

 明治記念館 12時~12時30分

 講演タイトル:不妊治療の現状について

 

2016.10.5.  招待講演

   講演タイトル:リスクマネージメントの観点から 現状の不妊治療を見直す

 

2016.12.4. 茨城市民公開講座 招待講演

 つくば国際外議場 2階 10時~11時

 講演タイトル:不妊治療~未来に向けて 「精子側からみた顕微授精の適応と限界」

 

2016.12.4. 茨城不妊臨床懇話会 特別講演

 つくば国際会議場 4階 14時35分~15時15分

 講演タイトル:不妊治療~未来に向けて 「ポストICSI 人工卵管を用いる高効率体外受精」

 

2017.6.12. 第3回妊活シンポジウム

 東京大学本郷キャンパス赤門横 伊藤国際学術研究センター 14:30~15:30

 講演タイトル:「妊活の その先へ」・・・未来の子ども達のために、今私たちが考える・・・

          「これからのパートナーシップ教育が少子化を救う」

 

書籍紹介

2015.5.13.

 「不妊治療の真実 -世界が認める最新臨床精子学-」 幻冬舎

  不妊治療の問題点を解り易く解説しました。

  とくに、今の不妊治療の現場において最も欠落している精子の知識と技術に関して詳しく解説しております。

  きっと驚かれるような「不妊治療の真実と知識」が得られると思います。正確な知識が備われば、次への道も開けるかもしれません。

 

旧書籍紹介

 「不妊治療最前線  男性不妊の闇に挑む 」 2006年 文芸社 

  すでに書店における販売が終了しておりますので、ご希望の方は当院に お問い合わせください。

 

 「誤解だらけの不妊治療  治療成功のカギを握るのは愛」 2009年 ジーオー企画

  現在でも書店で購入できますが、お急ぎの方は当院まで お問い合わせください。

 

新聞・雑誌取材紹介

2015.2.3. 日経DUAL 「健康な赤ちゃんを授かるなら、顕微授精は慎重に」

2015.5.7. 日経DUAL 「子どもの性意識の初期設定こそ、親の大事な役割」

2015.6.24. 日経DUAL 「産婦人科医が語る 不妊につながる性的行動とは?」

2015.7.2. 東京新聞 「この人」

2015.9.29. 日経DUAL 「仕事に育児に忙殺されても、女性性は捨てないで」

2015.10.27. 日経DUAL 「精子の凍結保存 施設により技術の高低に大差あり」

2015.11.2. 女性自身 「シリーズ人間」 ページ60-66 私は「精子治療」の第一人者。「危険な不妊治療を正す!」

2015.11.26. 日経DUAL 「凍結した卵子で将来妊娠できる確率はたったの1%」

2016.3.10. 日経DUAL 「受精のチャンスは精子と卵子の出会いから半日のみ」

2016.7.13. 日経DUAL 「知られざる不妊治療のリスクを専門医が徹底解説」

2016.8.18. 日経ウーマン「独身女性にも伝えたい 不妊治療の知られざるリスク」

2016.9.18. 日本経済新聞「不妊治療 重み増す培養士 曖昧な資格 疑問の声も」

ページ上部へ