ホーム>黒田メソッド>「黒田メソッド」による臨床の実際-初診手続きから検査・治療まで
黒田メソッド

「黒田メソッド」による臨床の実際-初診手続きから検査・治療まで

「黒田メソッド」による臨床の実際ー初診手続きから検査・治療まで

1.  ご面倒をおかけしますが、最初に初診の手続きをしてください。

 当院ホームページのフォーマットから初診申込書を印刷してください。

→初診申込はこちらをクリック←

 必要事項をご記入いただき、クリニックに 電話 (03-3555-5650) をしてください。

  その際に、記入された初診申し込みを ファックス (03-3555-5651) される意向をお伝え下さい。

  初診申込書をいただきましたら、こちらから ご連絡申し上げます。 →予約終了になります。

2.  黒田メソッドによる不妊治療の第一歩は、まず院長 (私) とご夫婦の面談から始まります。3人で 1時間 じっくり話し合うことからです。

 1時間 にもおよぶ初回面談では、ご夫婦のプライバシーを細かく伺うことになりますので、私は看護師も交えず、3人だけで個室で徹底的に話し合います。

 そこでは、こちらからは私の治療理念、すなわち「黒田メソッドに基づいたオーダーメイド不妊治療の意義」を詳しく説明します。ご夫婦からは、これまでの経緯を詳しく伺います。そこで、お互いにいろいろな質問をして、治療理念への理解を深めていただきます。また私は、ご主人と奥様が心を一つにして不妊治療に向かっていただけるためにも極めて重要な時間であると考えています。

 これまでの面談において痛感したことは、長い治療歴を持つご夫婦でも 男性側、とくに精子に関する知識と情報量が極めて少ないことです。受診されたご夫婦のほとんどは、「精子の状態が悪くて、精子数も少ないから顕微授精をしましょう」、でも「顕微授精ならば 1匹でも精子がいれば妊娠可能です」、それに「顕微授精は安全です」という内容で説明されています。

 そのように説明されてきたご夫婦に、「精子の状態が悪い方に顕微授精を適応することは危険であり、顕微授精は精子の状態が悪い方には不向きの治療なのです」という、現行の不妊治療に対する考え方から脱却していただく内容をお話しするのです。

 具体的には、ARTにおいて 「なぜ精子の精密検査が必要かつ重要なのか」、また「なぜ精子の選別と品質管理が不可欠なのか」を説明し、「出生児の健常性向上のために精子の状態を正確に把握することが いかに必須なのか」ということを認識していただくのです。

 ですから当然のこと、黒田メソッドによる検査と治療への理解を深めていただくには、お互いにエネルギーを使いますし、1時間は必要な時間なのです。長い治療歴を持つご夫婦こそ、時間をかけなくてはなりません。中には、ご理解いただくまで時間を要する場合もありますが、何回も論理的に説明させていただくことにより、ほとんどのご夫婦は十分ご理解、ご納得くださいます。

3.  ご夫婦に黒田メソッドの治療理念に関して考えていただきます。

 初回面談で「黒田メソッドの理念」をお話した後は、ご夫婦で話し合う時間を十分に取っていただくことにしております。中には「今すぐにでも先生の下で治療をしていただきたいです」とおっしゃられる方もおられますが、治療に対する夫婦の意思確認は重要ですので、あえてご夫婦で考えていただく時間をもっていただきます。この時間は「黒田メソッド」としても大切にしている待ち時間なのです。

4.  ご夫婦の理解が得られたら、まず精子の精密検査から始めます。

 私の専門である臨床精子学の立場から、最初に男性側に「黒田メソッド」による精子機能 (精子品質) の解析を目的とした精密検査を行っていただきます。

 具体的には、高品質精子 (DNA非損傷運動精子) が射精精液中からどのくらい選別・回収できるのかを見極めて、正確な精子の状態 (男性不妊の病態) を評価します。その上で時間的、身体的に負担が大きい女性側の不妊検査をどの程度 (どの項目を) 実施する必要があるのかを見極めます。すなわち、精子機能解析の結果次第では、女性側の検査を全て施行する必要がなくなります。

 一般的には、不妊外来を受診すると女性側には多項目の不妊検査を行います。一方、男性側は一般精液検査 (射精精液の精子濃度、運動率、頭部形態等を顕微鏡観察) を、奥様の検査中に適宜施行する場合がほとんどです。しかし、私の経験から、いままで精子には全く問題がないと言われてきた方や長年顕微授精を受けてきた方でも、黒田メソッドによる精子精密検査を行って精子の品質を評価した結果、顕微授精は不向きである場合や治療を諦めていただかねばならない場合もありました。だからこそ、色々な意味で負担が大きい女性側の不妊検査を行う前に、まず男性側の精子精密検査から始めることが極めて重要なのです。

 また採卵は外科的手術になりますのでリスクもあり、費用も高額です。一方、採精は特殊な場合を除き比較的容易で安価です。さらに、精子は少ないといっても数百万匹が得られる場合がほとんどですので、一部を用いて検査して統計的に全体を類推する抜取り検査が可能になります。その意味でも私は、これまでとは逆に最初に 「高度な技術による精子選別」 および 「精密検査による精子評価」 を徹底して、精子側の準備 (精子数の確保と質の保証) ができてから採卵を提案する黒田メソッドが、ARTにおける現実的な安全対策になると考えます。

5.  精子精密検査の結果を反映した治療プランを提案します。

 「黒田メソッド」による不妊治療では、出生児の健常性向上のために限りなく自然妊娠に近づけるように、人為的な医療技術の介入を極力減らすことが基本方針です。

 「黒田メソッドの最も重要なポイント」は、精子関連技術の高度化により、できるだけ顕微授精を回避することです。具体的には、卵巣機能を考慮した排卵誘発法を最適化すること、得られた卵子と精子の状況 (質) から 顕微授精を避けて体外受精 (媒精) が可能であるのか、それとも逆に 精子の質が安全な顕微授精可能なレベルに達しているのか等を、総合的に考えて ご夫婦に最適な治療プランを立てることです。これが「黒田メソッドによる真のオーダーメイド不妊治療」なのです。

ページ上部へ