ホーム>黒田メソッド>黒田メソッドによる高精度な高品質精子の選別技術
黒田メソッド

黒田メソッドによる高精度な高品質精子の選別技術

黒田メソッドによる高精度な高品質精子の選別技術

 男性側の不妊原因の中で最も多い造精機能障害 (精巣で精子を造る能力が障害される) の場合は、精子数の減少のみならず、多様な質の異常 (DNA損傷を含めた精子機能異常) を伴います。顕微授精には、受精させるのに必要な精子は たったの1匹ですみますし、人為的に精子を穿刺注入して容易に受精させられるという メリットがあります。しかし一方で、顕微授精ではDANが傷ついた、精子機能に異常がある精子でも人為的に授精させてしまうというリスクを伴います。

 したがって、安全性の高い顕微授精は、次の二点に絞られます。一つは、精液中の正常精子の比率が高く、どの精子を卵子に穿刺注入しても安全な場合です。そしてもう一つは、精液中の正常精子比率は低かったが、高度な精子分離技術により、高品質精子 (DNAに傷のないDNA非損傷運動精子) を選別できた場合です。

 しかし、後者の高品質なDNA 非損傷運動精子を無菌的に選別できる技術を持つ施設は極めて少ないのが実情ですから、安全な妊娠が期待される顕微授精の適応は、前者がほとんどになります。これまでの解説により、 「顕微授精は精子の状態が悪い方には不向きの治療である」ことがご理解いただけたことと思います。

 臨床精子学を専門にしている私の研究は、一貫してARTに供する高品質精子、言い換えればDNA非損傷精子を選別する高精度技術を開発することに力を注いできました。ここでは技術の詳細は省略させていただきます (下図参照) が、原理が異なる複数の遠心分離技術 (沈降平衡法・沈降速度差遠心分離法) を組み合わせることにより、DNA非損傷運動精子を無菌的に選別することが可能となりました。

DNA fiberの評価

 DNA非損傷精子の選別技術を開発する過程で重要な発見がありました。それは、精子数、運動率が低くても意外とたくさんのDNA非損傷運動精子が得られる場合もあり、逆に精子数、運動率が高くても ほとんどがDNA損傷運動精子である場合もありました。このことは、日本産科婦人科学会の見解 (下図参照) ならびに私が繰り返し述べてきた「精子数と運動率だけでは精子の質を性格に把握することは難しい」ことを示しています。

日本産科婦人科学会雑誌
Vol 61,No.6, N-189, 2009

4.不妊症

一般精液検査は精液や精子の量的性状を示しているだけであり
必ずしも精子の質的性状(受精能力)を直接反映するものでないことに留意する

 

ページ上部へ