ホーム>黒田メソッド>黒田メソッドによる不妊治療とは?
黒田メソッド

黒田メソッドによる不妊治療とは?

黒田メソッドの不妊治療とは?

黒田インターナショナル メディカル リプロダクションは、生まれてくる子ども達の健康を最優先に考えて開発された「黒田メソッド」、言い換えれば、最先端の知識と技術を駆使した黒田メソッドを用いたオーダーメイド・生殖補助医療を実践するために、日本初の会員制を導入している不妊治療専門クリニックです。ご夫婦に見合った個別治療プランを立てることにより、高精度で高質な、そしてより安全な高度生殖補助医療技術ARTを丁寧に提供しています。

ARTにおいては、安全が全てに優先します。黒田メソッドによる不妊治療が目指す、ART安全対策の基本方針は、精子側の高度な取り扱い技術、具体的には「高精度な高品質精子の選別技術」および「高精度な選別精子の評価技術」により、できる限り顕微授精を回避することにあります。じつは、顕微授精は精子の状態が悪い方には不向きの治療なのです。そこで、体外受精技術の高度化 (卵管型微小環境媒精による体外受精:人工卵管と称す) により、より一層安全なARTの提供を実現しています。どうしても顕微授精を行わなくてはならない場合には、精子の品質管理を徹底することに拘っています。

 一般的に身体を構成している細胞 (体細胞) には、傷ついたDNAが修復される機構 (DNA修復機構) が備えられています。この機構は卵子においても存在しますが、精子は造られてくる過程 (第2減数分裂後期以降) に DNA修復能 (DNA修復機構) を失ってしまいます。そのため、一部の傷ついた精子DNAは、修復されないままDNA損傷精子として射精精子中に混在してきます(➡詳細は ヒト精子のDNA修復機構は特殊である)。基本的に、精子側のDNA損傷は、卵子侵入後に卵子側のDNA修復機構に依存して修復されますが、体外の培養環境における卵子修復能に関しては未知の部分が多いのも事実です。もし未修復のままの状態のDNA損傷精子 もしくは 不完全に修復された状態のDNA損傷精子が卵子と受精すれば、それは染色体異常に繋がります。その一部は流産により淘汰されますが、一部はそのまま発育します。また、これまで運動精子=良好精子という認識が定着していますが、運動精子の中にもDNAが損傷されているものがあるのも事実です。このようなヒト精子の特性を踏まえた上で、質の高い安全なARTを目指して開発した精子側の技術が黒田メソッドです。

 これまで顕微授精は最も高度な技術とされてきましたが、10年程前から欧米では、顕微授精により出生した児の先天異常率が自然妊娠に比べて有意に高いことを報告しています。日本においても2011年には、生殖補助医療による出生児に関する大規模調査から、顕微授精・胚盤胞培養・胚盤胞凍結保存の人工操作を加えるほど出生児体重が増加することを報告しています。これは、ゲノムインプリンティング異常 (遺伝子の働きを調節する仕組みに異常が出る病態) による胎児過剰発育である可能性が指摘されています。今のところ、 精子DNA損傷と顕微授精、先天異常の因果関係が明確に証明されたわけではありませんが、明らかになっていないからこそ、「命を造り出すARTでは疑わしきは避けるべきである」という考え方が医師である私の臨床基盤にあります。 ARTにおいて、安全がすべてに優先します。

 医療行為には必ずリスクが伴います。だからこそ、黒田メソッドが目指す、ART安全対策の基本方針は、限りなく自然妊娠に近づけるように技術を選択すること、要するに人為的な医療技術の介入を極力減らすことにあります。すなわち、現状におけるARTのリスクマネージメントとしては、できる限り顕微授精を避ける、もしせざるを得ない時には穿刺注入する精子の品質管理を徹底することが不可欠になります。その具体策として以下の3つがあります。

 1.  どのように DNAが損傷していない精子を選別するか (DNA非損傷精子の選別)

 2. どのように それを確認するか (選別精子のDNA評価)

 3. どのように それを受精させるか (できる限り人為的な授精法である顕微授精を回避する)  

正にこれが「黒田メソッド」であり、換言すれば「既存の運動精子=良好精子という固定概念から脱却した、精子品質管理に徹した より安全な不妊治療技術」が黒田メソッドなのです。

 

ページ上部へ