ホーム>黒田メソッド>黒田メソッドによる卵管型微小環境媒精における体外受精
黒田メソッド

黒田メソッドによる卵管型微小環境媒精における体外受精

黒田メソッドによる卵管型微小環境媒精における体外受精 (人工卵管法)

黒田メソッドによる顕微授精回避法

安全性を最優先にした次世代のARTとして Post ICSI (卵管型微小環境媒精による体外受精 : 人工卵管法) を提供します。

 一般不妊治療施設では、「運動精子の数が少ないから顕微授精をしましょう」、「精子の状態が悪いから顕微授精をしましょう」、「とりあえず顕微授精をしておきますから」・・・といった説明が繰り返されています。

 一方、黒田メソッドでは全く逆の考え方です。すなわち、精子の状態が悪い方に顕微授精を適応することは危険であり、顕微授精は精子の状態が悪い方には不向きの治療であるということです。言い換えれば、顕微授精では精子の量的不足 (精子数が少ない) をカバーできますが、精子の質的低下 (DNA損傷を含む精子機能の異常) を補償することはできないのです。

顕微授精は

精子の状態が悪い方には不向きの治療である

精子の量的不足 (精子数が少ない) を補う手技であり


精子の質的低下 (精子機能異常) は補償できない

 どうしても精子の状態が悪い方に顕微授精を適応しなくてはならない場合は、高度な精子選別技術で得られた精子の精密検査をした結果、顕微授精に用いることができる (精密検査に合格できた) 精子であることが大前提になります。しかし実際のところ、精子選別後の精密検査により、得られた精子の質が顕微授精可能なレベルに達してないことも多々あります。

 そこで最終的なARTの安全戦略として、体外受精の効率化を図った「卵管型の微小環境での体外受精 (人工卵管法) 」に展開することにより、媒精に用いる必要精子数の低減化 (少ない精子数で受精させること) が可能になり 、高品質な精子数が少ない場合においても顕微授精を回避できるようになりました。これが「次世代のARTになるべき Post ICSI 」であり、「黒田メソッドの仕上げ」になります。要するに、精子選別技術および精子評価技術とともに、体外授精技術の高度化に徹することにより、顕微授精をしないでも受精させられる安全な男性不妊治療を確立することができました。

 2010年以降、当院では、前医にて顕微授精を数十回も経験されたご夫婦に対して、精子の選別・評価技術と人工卵管法等の一連の黒田メソッドを統合的に運用いたしました結果、体外受精で受精、妊娠、出産できることを確認しております。

ページ上部へ